ファクタリングとは?即日で換金可能な業者について

ファクタリング( factoring )とは他人や企業の売買債権を手数料を引いた金額で買取り、その債権を回収を行う金融サービスの事を言います。

売掛金の回収を早期に行うことが出来るため、売掛債権はあるが現金を調達したいという人や企業にローンとは異なる資金調達の方法として現在利用される企業が増えています。

利用される主な用途
  • 商品等の仕入れ費用が必要
  • 人件費等の先払いを行いたい
  • 入金サイクルが遅いため入金を早めたい
  • 入金されるまでの資金繰りに困っている
  • 急な支払いが起こりキャッシュフローが回らない
  • 事業資金等の融資をこれ以上受けることができない

このような急な資金繰りが難しい場合などに、まとまった資金を早ければ即日で捻出することが出来るため現在利用される方や企業が増えています。

このファクタリングは、まだ歴史が浅く(実は1970年台からあった)、世間的な認知度の低い資金調達方法であるためよくわからないという人も多くいらっしゃると思います。

現在、新型コロナにより事業資金繰りが非常に難しい状況になっている企業が多く、日本金融政策公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」も申し込みが殺到しており融資まで時間が掛かっている状況です。

その為、売掛金を即日で換金可能なファクタリングを利用されている企業も多くなっています。

現金確保を非常に早いサイクルで行うことが出来ますし最短で即日ファクタリングも可能になっていますので資金調達を急いでいる方は早めにファクタリング業者にご相談下さい。

ファクタリング業者自体も、利用される企業が増えていることから競争状態となりできるだけ早く資金調達できるように着金スピードが上がっている傾向があります。

相見積もりではないですが、1社だけに相談するよりも複数の業者へ同時に相談された方が得策です。

ファクタリング業者にも種類があり、換金が得意な業種、面談がない、即日ファクタリング可能、税金等の支払い遅れを気にしないところ、赤字決算でも換金可能、審査が甘い、手数料が他社よりも低いなど様々な特徴があります。

直近の5月6日に換金を行った企業の事例があるのでこちらもご紹介します。

38歳 町工場経営 年商8,000万円 換金額 1,500万円

早く利用してよかったと思う

小さな町工場の経営をしています。大手企業からずっと安定して仕事があったのですが、コロナの関係で発注を5月末まで一時的に停止したいと言われ、ひょっとするといつ再開するかもまだ未定と言われ取引が停止となってしまいました。

真っ先に融資を受けるための金策に走りましたが、銀行側も付き合いの長い担当者の方が、審査担当者の数が減った上に申し込み数は増えている状態なので審査には非常に時間がかかるから先に金融公庫へ相談した方がよいかも知れないと言われ、金融公庫へ相談しましたが、申し込み数が非常に多くできる限り急ぐが審査に時間がかかるとのこと。

従業員の給料の支払いなどの固定費を考えると、資金調達を行っておき預金残高を増やしておきたいと考え、ファクタリングというものを知りました。

仕組み自体をよく分かっていない状態で複数の業者へ相談したところ大変丁寧に教えていただき、特に対応が親切に行ってもらえた資金調達ペイを利用したところ、GW中でしたが6日の当日中に着金まで行うことができました。

現在は融資の話も進んでおり、取引先の発注開始も6月からスタートできるとのことだったので、金銭的な目処がついてまだ油断はできませんがとりあえず乗り切れそうです。

こういった時にすぐに現金を入金してもらえるファクタリングというものは非常に有益ですし、資金調達を考えている事業者の方なら調達方法の1つとして活用すべきだなと感じました。

こういった利用された経営者の方の声もあり、資金調達方法の1つとして活用される事をおすすめします。

相談や見積もり等の審査自体は無料で行える範囲であるため現在の状況ならどの程度の資金調達が可能なのか相談しないとむしろ損です。

ただ、何も知らないままファクタリング業者へ相談するというのも不安といった方もおられると思いますので、ファクタリングとは一体どの様なものなのか詳しく解説していきます。

ファクタリングの仕組みについて

売掛金の現金化がファクタリングですが、その仕組みを詳しく説明していきます。

ファクタリングというものは、売掛債権のある「自社」、売掛金の支払いを行う「取引先」、そして売掛債権を現金化する「ファクタリング業者」の3社によって成立する取引です。

売掛債権のある「自社」が「ファクタリング業者」へ売掛債権を譲渡する事で手数料を引いた売掛金をファクタリングが自社へ着金します。

そして、支払い予定日に取引先から入金を受ける事で契約は完了となる仕組みです。

メリットとしては事業資金の融資ではないため、信用情報へ記載されることがありません。

その為、担保・保証人は不要ですし同時に融資に動いていたとしても審査に影響されることは考えにくい(審査側では分からない情報であるため)ため、一時的な資金確保と融資による長期的な資金調達も同時に行うことができるのがメリットです。

このファクタリングですが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングによって仕組みがやや異なります。

簡単に言うと、取引先を交えるか交えないかという違いなのですが、以下で個別に解説していきます。

2社間ファクタリングの仕組み

こちらは、売掛債権のある自社とファクタリング業者によって行われる取引です。

2社間ファクタリングの流れ
  1. ファクタリング業者へ申込を行う
  2. ファクタリング業者へ売掛債権の売却を行う
  3. 自社へファクタリング業者が手数料を引いた売掛金を支払う
  4. 取引先から自社へ売掛金が支払われる
  5. ファクタリング業者へ売掛金の支払いを行う

図解するとこのようなイメージです。

2社間取引の仕組み

名のとおり2社間となり自社とファクタリング業者のみの取引となるため、売掛債権を譲渡ではなく、買取という形で買い取ってもらう仕組みです。

売掛金のある取引先に対し、特に連絡も請求もなく知られる事もありません。

手軽に利用できるという反面、3社間取引と比較すると手数料が高い傾向がありますが、基本的に中小のファクタリング業者が相手となるため、手数料が高くなる事があります。

2社間取引のメリット
  • 取引先を交えることなく利用することができる
  • 取引先に連絡等がないため知られる事はない
  • 手続きが3社間よりも少ないため現金化が早い
  • 2回目以降の利用はより早く利用することができる
  • 手軽に利用することができる
2社間取引のデメリット
  • 手数料が高くなる可能性が高い
  • 大手業者は2社間を取り扱っていない
2社間取引の利用者の声

31歳/広告代理店経営者

広告代理店を行っており、広告の利用者に対し成果報酬型で報酬を頂いているのですが、支払いサイクルが2ヶ月遅れで、キャッシュフローが間に合わず、先方への請求書を提出することで資金の捻出が出来ました。

まだ法人成りして期間も2期目であるため融資がつかず広告予算がありませんと取引先に伝え信用を落とすのも抵抗があった事が利用のきっかけです。

2回ほど利用しましたが、非常にありがたいサービスだと思いました。

42歳/建設業経営者

大手工場の常駐作業員として5人ほど抱えている中小の建設業を経営をしています。

同業種の建設工事の人手が足らないと一時的に2名ほど派遣するときがあります。

本当にちょくちょくなので半年に1回ほどまとめた分の支払いで契約を行っていました。

設備投資で新しい車両が必要となったタイミングで頭金を入れる事ができず悩んでいたところにファクタリングというものを知りました。

正直な話、請求書のサイクルを変更してもらえば対応は出来たのですが、キャッシュが回っていないという事を知られたくなかったためファクタリングを利用しました。

融資の場合は時間が毎回3週間程度かかる上、決算書や事業計画書などの提出が必要だったのでできるだけローンは使わずに解決したいと思っていましたので、非常に助かりました。

2社間取引の利用までの流れ

実際に申込から入金されるまでの流れについてです。

  • 申込を行う

    インターネットや電話、FAX、来店、郵送等で申込を行います。

  • 審査

    審査が行われますが、こちらはローンの審査とは大きく異なります。

    • 法人登記の情報
    • 個人事業主の登録情報
    • 帝国データバンク等のデータベース照会
  • 売掛金の情報を提出

    ファクタリング業者が取引先の業者を調査します。(調査会社へ依頼)

    請求書等の情報を提出を行い、買取可能額を算出します。

  • 契約

    審査の結果により、売掛金の額面の換金可能額の算出、手数料が決定するため、双方の合意があれば契約となります。

  • 入金を受ける

    契約を終えたら、入金が行われます。

  • 支払い

    取引先から売掛金が入金された後、ファクタリング業者へ入金を行います。

3社間ファクタリングの仕組み

3社間取引は、「取引先」も含め3社で契約を行います。

銀行や銀行系の大手ファクタリング業者が基本的に取り扱いを行っています。

2社間ファクタリングの流れ
  1. 自社とファクタリング業者が契約を行う
  2. 自社と取引先がファクタリングを行うことの契約を行う
  3. 自社が取引先から売掛金の証明をもらう
  4. ファクタリング業者が自社へ入金を行う
  5. 取引先がファクタリング業者へ支払いを行う
3社間取引の仕組み

3社間のファクタリングは取引先も契約が必要となるため、取引先にファクタリング契約の了承と契約を行わなくてはなりません。

本来自社に支払われていた売掛金がそのままファクタリング業者へ支払われ直接、自社は取引先より入金が行われる事がありません。

利用する際に手間と時間がかかる方法ではありますが、2社間よりも比較的手数料は安く済むのが特徴です。

また、2社間では売掛金が例えば1,000万円あったとしても満額(手数料除く)の換金を行ってもらうことができない場合があります。

換金は500万円に手数料のみという取引となる可能性もありますが、3社間の取引の場合だと満額での取引を行える可能性が2社よりも高くなるのが特徴です。

取引先が支払いの先延ばし等が起こったとしても合意の元、売掛債権を譲渡しているためファクタリング業者が取引先に直接請求を行うため、こういった紛争が起こった場合も関与する必要はありません。

3社間取引のメリット
  • 手数料が2社間よりも低い
  • 基本的に大手が運営しているため安心して利用できる
  • 取引先が支払いができなかったとしても自社が関与しなくて済む
3社間取引のデメリット
  • 取引先に話を行い合意・契約を行う必要がある
  • 自社よりも取引先の方が負担が大きい(金銭的な負担除く)
  • 手続きに時間が掛かるためすぐに換金できるわけではない
  • 大手ファクタリング業者であるため審査が非常に厳しい

3社間取引の流れ

3社間取引の流れをご紹介します。

  • 申込

    まず、ファクタリング業者へ申込みを行います。

  • ファクタリング業者と契約

    ファクタリング業者と契約をまず最初に行います。

    • 決算書の控え(三期分)
    • 会社定款の控え
    • 納税証明書
    • 会社への入出金履歴
    • 売掛金の証明書類

    提出を行う書類に関しては2社よりも3社の方がより多くの書類が必要となります。

  • 取引先とファクタリング業者の契約

    自社からファクタリングを行いたいという話を取引先が受けた後にファクタリング業者と契約を行ってもらいます。

    必要書類も多く、売掛金の証明も行う必要があるため自社よりも取引先の方が負担が掛かります。

    この間は自社の方は「待ち」状態となり、取引先の手続きが長引くとその分、入金は先延ばしとなります。

  • 入金

    取引先とファクタリングの契約が済めば、売掛金から手数料を引いた金額の入金が行われます。

  • 取引先がファクタリング業者へ売掛金を入金

    取引先が直接ファクタリング業者へ売掛金を入金します。

三者間取引によるファクタリングは減少傾向

国内ファクタリングの取引量推移
国内ファクタリングの推移
FCI(Factors Chain international)の公表した日本国内のファクタリング量の推移

こちらのデータは主に大手の三者間取引の統計の推移なのですが、2011年がピークでそこから減少傾向にあるのが分かります。

その代わり台頭したのが中小の取り扱う2社間取引です。例えば「株式会社ビートレーディング」では利用者の推移や取引量が掲載されており、2013年が350社の利用に対し2018年には13倍の4,610社も利用を行っています。

2社間ファクタリングの利用社数の推移
ビートレーディング公表の取引推移

3社間の利用者減少とは逆に2013年から利用者が増え続けこのビートレーディングだけでも13倍まで取引社数を伸ばしているため、業界全体では非常に利用する企業が増えているのが分かります。

ファクタリングの種類について

利用者が増え続けていますが、ファクタリングにも実は種類があります。

2社間、3社間と説明してきましたが、ファクタリングそのものにも種類があり用途や目的によって使い分けなければなりません。

ファクタリングの種類
  • 買取ファクタリング
  • 一括ファクタリング
  • 保証ファクタリング

買取ファクタリング

基本的に2社間取引で最も需要のあるファクタリングがこの買取ファクタリングです。

一般的にファクタリングというと「買取ファクタリング」を指すことが多くなっているほど知名度があるのがこの取引となります。

請求書の現金化

簡単にまとめてしまうと、この買取ファクタリングは請求書の買取であり、請求書の額面を業者側の利益となる手数料を引いた金額で取引が行われます。

その他のファクタリングについて

保証ファクタリング

保証ファクタリングは売掛金の回収をファクタリング業者が保証してくれるサービスを差します。

メリットとしては取引先が支払いが出来なくなった状況でも売掛金の支払いを受けることが出来るため保険目的として利用します。

一括ファクタリング

イメージとしては手形取引です。実質、手形の代わりとして登場したのがこの一括ファクタリングとなります。

こちらは、三者間取引が主でこれまで手形取引を行っていた企業に対しても負担が軽減出来るため自社も取引先の業者もメリットがあります。

悪質なファクタリング業者に注意が必要

即日ファクタリング対応は基本2社間取引であるため、銀行や銀行系列のファクタリング業者は少なく、取り扱いのある業者は中小のファクタリング業者を選択される企業が大半です。

また、ファクタリングを取り扱う業者は非常に多く会社名とサービスが異なっている場合があるなど業者選びも非常に重要です。

悪質な業者の特徴
  • 手数料が安すぎる、または高すぎる
  • 諸経費等が高い
  • 売掛金を担保に融資を行うと言われる
  • 二社間取引であるにも関わらず取引先に連絡を取ろうとする
  • 契約が終了したのに譲渡した債権を取引先に要求する

主に金銭的なトラブルが多いですが、契約終了となっていながら取引先に譲渡された債権を利用し二重に金銭を要求するといったところもあるようです。

ファクタリング会社は現時点(2020年5月)では業務を行うにあたり免許も登録も必要ありません。売掛債権の買取であり、貸金業を行っているわけではないからです。

それなりの見た目のホームページと、メール等のやり取りを行うことができるネット環境があれば、マンションの一室でも行うことが出来ます。

特に東京に拠点を置くファクタリング会社は注意しなくてはなりません。

金融庁のホームページでは、ファクタリング偽装について注意喚起されています。

「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取りを装い、高額な手数料を差し引いた売掛債権の買い取り代金を支払う(貸し付ける)一方、同債権の売り主をして売掛債権を回収させた後、回収した売掛金を原資として返済させるもの。ファクタリング契約や売掛債権売買契約において、譲受人に償還請求権や買戻請求権が付いている場合、売掛先への通知や承諾の必要がない場合や、債権の売り主が譲受人から売掛債権を回収する業務の委託を受け譲受人に支払う仕組みとなっている場合は、ファクタリングを装ったヤミ金融の可能性がある。

引用元:金融庁 違法な金融業者にご注意!より

最も注意すべき点として、売掛金の買取ではなく融資という形を取ろうとする業者です。ファクタリングは基本的に一時的で短期の資金調達方法です。

買取を行ってもらい、取引先から入金されたらファクタリング業者へ一括で支払を行いそれで契約終了というのが通常の取引です。

では、どうすれば優良な業者を選べば良いのかというと、やはり買取実績の高い業者を選ぶことを重視することです。

会社の住所がはっきりとしており、銀行から融資を受けて体力のある会社。それに加え拠点数が多い専門でファクタリングを取り扱っている業者です。

ご自身でファクタリング業者を選ぶのは不安という経営者の方もいらっしゃると思いますので、現役FPの私が優良なファクタリング業者を紹介していきますので是非業者選びのご参考頂けますと幸いです。

おすすめのファクタリング業者一覧

当サイトで調査を行い、おすすめのファクタリング業者をピックアップしました。是非ご検討頂けますと幸いです。

ファクタリング業者選びのポイントとして非常に重要なのが、複数の業者へ相談を行うということです。

各社によって条件が異なることや現金化の得意な業種などもあり、手数料等も異なる可能性があります。最低でも2社、できることなら3社、4社へ相談される事をおすすめします。

また、初回の申し込みはいきなり電話ではなく、申し込みフォームから申し込みするようにしましょう。

理由はいくつかあり、まず毎回口頭で状況等を説明しながら相談するよりも事前に情報を入力し業者側が理解した状態で連絡が来る方が話が早いという点。

また、電話では言った言わないといった水掛け論になる可能性もあるため、自身を守るという意味で文章のやり取りができるお問い合わせフォームからの相談がおすすめです。

資金調達ペイ
資金調達時間目安担保・保証人タイプ
最短1日不要請求書買取型
取引タイプネット完結最大買取金額
2社間・3社間(選択可)可能2億円
会社情報
取り扱い会社名ピーエムジー株式会社
会社所在地本社:東京都新宿区新宿2-12-8-7F
大阪支店:大阪府大阪市淀川区宮原4-1-46-401
福岡支店:福岡県福岡市博多区住吉4-1-5-3F-302
設立年月平成27年6月
資本金9.000万円
事業内容ファクタリング事業
(企業様が保有している売掛金を償還請求なしで完全に買取るサービス。三社間・二社間契約対応)
コンサルティング事業
(資金調達コンサルティング、経営コンサルティング)
営業時間9:30~18:00(土日祝日も対応可)

早く現金が必要である人は資金調達ペイがおすすめです。スピード重視で手続きも情報を入力すれば簡単に見積額が表示されます。

ゼネラルサーチのアンケートによると顧客満足度、対応スピード満足度、スタッフの対応満足度の3項目で1位を獲得しており丁寧かつ素早い資金調達が期待できます。

必要最低限の書類で審査を行ってもらえるため利用までの手順も非常にシンプルで換金可能かすぐにわかるのが嬉しいところです。

2社間取引も3社間取引も選べるため、取引先に知られることなく利用可能です。

現在、緊急事態宣言を受け、非対面で対応を実施中です。

ビートレーディング
資金調達時間目安担保・保証人タイプ
最短1日不要請求書買取型
取引タイプ契約方法最大買取金額
2社間・3社間(選択可)対面・出張・郵送無制限
会社情報
取り扱い会社名株式会社ビートレーディング
会社所在地東京本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F
仙台支店:宮城県仙台市青葉区本町1-12-7三共仙台ビル3階
大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル903号室
設立年月平成24年4月
資本金7,000万円(資本準備金 5,000万円)
事業内容ファクタリング事業
診療報酬ファクタリング事業
介護報酬ファクタリング事業
Beトレペイメント
コンサルティング事業
各種在庫買取サービス業
広告代理事業
営業時間平日 9:30~18:30

ビートレーディングは、月間で利用される企業が400件と非常に多くの企業がリピーターも含め利用されています。

また、リピーター率も非常に高く93%の企業が再利用しています。過去の実績も豊富な点が安心して利用できるポイントとしては非常に優秀。

人気の理由は、資金調達の早さで最短12時間で換金を行うことが出来ます。また、手数料自体も2%からとなっており、低い手数料という点も魅力です。

また審査通過率も高く申込者の98%は通っており、赤字であっても債務超過されている企業、税金滞納中の企業も対応可能です。

ファクタリングの金額は無制限となっており、最小は10万円、最大は7億円の取引があります。契約方法も対面や出張、郵送の3つから利用することが可能で不安であれば直接顔合わせし契約も行えますし、リピートであれば郵送手続きで対面せずに利用も出来ます。

審査結果は平均的に30分程度で分かるスピード審査を実施しています。電話相談は仙人女性オペレーターが行ってもらえるため、気軽に相談可能です。

ベストファクター
資金調達時間目安担保・保証人タイプ
最短1日不要請求書買取型
取引タイプ契約方法最大買取金額
2社間ファクタリングWEB完結可能1億円まで
会社情報
取り扱い会社名株式会社アレシア
会社所在地東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F

大阪府大阪市中央区島之内1丁目13−28 ユラヌス21ビル 1F
設立年月記載なし
資本金記載なし
事業内容ファクタリング
資金コンサルティング
投資コンサルティング
経営コンサルティング
営業時間11:00~17:00

ベストファクターは、最短24時間のスピード換金に加え、業界の中でも非常に低い手数料が人気です。

2社間ファクタリングを取り扱っており、買取手数料は2%から。平均的に売掛金の換金率が92.2%という高水準で取引されています。

簡易審査シミュレーターを利用することで30秒で買取額が分かるのも魅力。30万円以下の小口も取り扱いもあり、手数料を低く抑えたいという方におすすめ。

株式会社ウィット
資金調達時間目安担保・保証人タイプ
最短2時間不要請求書買取型
取引タイプ契約方法最大買取金額
2社間ファクタリング非対面可能上限なし
会社情報
取り扱い会社名株式会社ウィット
会社所在地東京都新宿区西新宿7-7-28 第二山本ビル5階

仙台営業所:宮城県仙台市青葉区中央1-2-3仙台マークワン19F
福岡営業所:福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19サンライフ第3ビル6F
設立年月2016年11月4日
資本金記載なし
事業内容1.経営コンサルタント
2.営業業務に関するコンサルタント
3.インターネット、印刷媒体等に対する広告の企画、立案、制作業務
4.デザイン、広告宣伝の企画及び仲介及び請負
営業時間9:00~18:00

ウィットは小口専門のファクタリング業者で主に500万円以下の小口を専門にする業者です。個人事業主の方でも利用可能で非対面で契約を主としています。

その為、ファクタリング自体に時間が取れない方に非常に向いています。それに非対面だからこそ必要な諸経費等がないため手数料が低いという点も魅力です。

買取額が500万円以下で時間がないという人はウィットがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました