ファクタリングとは?即日で換金可能な業者について

ファクタリング( factoring )とは他人や企業の売買債権を手数料を引いた金額で買取り、その債権を回収を行う金融サービスの事を言います。

売掛金の回収を早期に行うことが出来るため、売掛債権はあるが現金を調達したいという人や企業にローンとは異なる資金調達の方法として現在利用される企業が増えています。

利用される主な用途
  • 商品等の仕入れ費用が必要
  • 人件費等の先払いを行いたい
  • 入金サイクルが遅いため入金を早めたい
  • 入金されるまでの資金繰りに困っている
  • 急な支払いが起こりキャッシュフローが回らない
  • 事業資金等の融資をこれ以上受けることができない

このような急な資金繰りが難しい場合などに、まとまった資金を早ければ即日で捻出することが出来るため現在利用される方や企業が増えています。

このファクタリングは、まだ歴史が浅く(実は1970年台からあった)、世間的な認知度の低い資金調達方法であるためよくわからないという人も多くいらっしゃると思います。

そこでこのサイトはファクタリングについてわかりやすく解説していきます。現金化をお急ぎな方も早く換金可能な優良店も紹介しておりますので是非お読み頂けますと幸いです。

ファクタリングの仕組みについて

売掛金の現金化がファクタリングですが、その仕組みを詳しく説明していきます。

ファクタリングというものは、売掛債権のある「自社」、売掛金の支払いを行う「取引先」、そして売掛債権を現金化する「ファクタリング業者」によって成立する取引です。

このファクタリングですが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングによって仕組みがやや異なります。

2社間ファクタリングの仕組み

こちらは、売掛債権のある自社とファクタリング業者によって行われる取引です。

2社間ファクタリングの流れ
  1. ファクタリング業者へ申込を行う
  2. ファクタリング業者へ売掛債権の売却を行う
  3. 自社へファクタリング業者が手数料を引いた売掛金を支払う
  4. 取引先から自社へ売掛金が支払われる
  5. ファクタリング業者へ売掛金の支払いを行う

図解するとこのようなイメージです。

2社間取引の仕組み

名のとおり2社間となり自社とファクタリング業者のみの取引となるため、売掛債権を譲渡ではなく、買取という形で買い取ってもらう仕組みです。

売掛金のある取引先に対し、特に連絡も請求もなく知られる事もありません。

手軽に利用できるという反面、3社間取引と比較すると手数料が高い傾向がありますが、基本的に中小のファクタリング業者が相手となるため、手数料が高くなる事があります。

2社間取引のメリット
  • 取引先を交えることなく利用することができる
  • 取引先に連絡等がないため知られる事はない
  • 手続きが3社間よりも少ないため現金化が早い
  • 2回目以降の利用はより早く利用することができる
  • 手軽に利用することができる
2社間取引のデメリット
  • 手数料が高くなる可能性が高い
  • 大手業者は2社間を取り扱っていない
2社間取引の利用者の声

31歳/広告代理店経営者

広告代理店を行っており、広告の利用者に対し成果報酬型で報酬を頂いているのですが、支払いサイクルが2ヶ月遅れで、キャッシュフローが間に合わず、先方への請求書を提出することで資金の捻出が出来ました。

まだ法人成りして期間も2期目であるため融資がつかず広告予算がありませんと取引先に伝え信用を落とすのも抵抗があった事が利用のきっかけです。

2回ほど利用しましたが、非常にありがたいサービスだと思いました。

42歳/建設業経営者

大手工場の常駐作業員として5人ほど抱えている中小の建設業を経営をしています。

同業種の建設工事の人手が足らないと一時的に2名ほど派遣するときがあります。

本当にちょくちょくなので半年に1回ほどまとめた分の支払いで契約を行っていました。

設備投資で新しい車両が必要となったタイミングで頭金を入れる事ができず悩んでいたところにファクタリングというものを知りました。

正直な話、請求書のサイクルを変更してもらえば対応は出来たのですが、キャッシュが回っていないという事を知られたくなかったためファクタリングを利用しました。

融資の場合は時間が毎回3週間程度かかる上、決算書や事業計画書などの提出が必要だったのでできるだけローンは使わずに解決したいと思っていましたので、非常に助かりました。

2社間取引の利用までの流れ

実際に申込から入金されるまでの流れについてです。

  • 申込を行う

    インターネットや電話、FAX、来店、郵送等で申込を行います。

  • 審査

    審査が行われますが、こちらはローンの審査とは大きく異なります。

    • 法人登記の情報
    • 個人事業主の登録情報
    • 帝国データバンク等のデータベース照会
  • 売掛金の情報を提出

    ファクタリング業者が取引先の業者を調査します。(調査会社へ依頼)

    請求書等の情報を提出を行い、買取可能額を算出します。

  • 契約

    審査の結果により、売掛金の額面の換金可能額の算出、手数料が決定するため、双方の合意があれば契約となります。

  • 入金を受ける

    契約を終えたら、入金が行われます。

  • 支払い

    取引先から売掛金が入金された後、ファクタリング業者へ入金を行います。

3社間ファクタリングの仕組み

3社間取引は、「取引先」も含め3社で契約を行います。

銀行や銀行系の大手ファクタリング業者が基本的に取り扱いを行っています。

2社間ファクタリングの流れ
  1. 自社とファクタリング業者が契約を行う
  2. 自社と取引先がファクタリングを行うことの契約を行う
  3. 自社が取引先から売掛金の証明をもらう
  4. ファクタリング業者が自社へ入金を行う
  5. 取引先がファクタリング業者へ支払いを行う
3社間取引の仕組み

3社間のファクタリングは取引先も契約が必要となるため、取引先にファクタリング契約の了承と契約を行わなくてはなりません。

本来自社に支払われていた売掛金がそのままファクタリング業者へ支払われ直接、自社は取引先より入金が行われる事がありません。

利用する際に手間と時間がかかる方法ではありますが、2社間よりも比較的手数料は安く済むのが特徴です。

また、2社間では売掛金が例えば1,000万円あったとしても満額(手数料除く)の換金を行ってもらうことができない場合があります。

換金は500万円に手数料のみという取引となる可能性もありますが、3社間の取引の場合だと満額での取引を行える可能性が2社よりも高くなるのが特徴です。

取引先が支払いの先延ばし等が起こったとしても合意の元、売掛債権を譲渡しているためファクタリング業者が取引先に直接請求を行うため、こういった紛争が起こった場合も関与する必要はありません。

3社間取引のメリット
  • 手数料が2社間よりも低い
  • 基本的に大手が運営しているため安心して利用できる
  • 取引先が支払いができなかったとしても自社が関与しなくて済む
3社間取引のデメリット
  • 取引先に話を行い合意・契約を行う必要がある
  • 自社よりも取引先の方が負担が大きい(金銭的な負担除く)
  • 手続きに時間が掛かるためすぐに換金できるわけではない
  • 大手ファクタリング業者であるため審査が非常に厳しい

3社間取引の流れ

3社間取引の流れをご紹介します。

  • 申込

    まず、ファクタリング業者へ申込みを行います。

  • ファクタリング業者と契約

    ファクタリング業者と契約をまず最初に行います。

    • 決算書の控え(三期分)
    • 会社定款の控え
    • 納税証明書
    • 会社への入出金履歴
    • 売掛金の証明書類

    提出を行う書類に関しては2社よりも3社の方がより多くの書類が必要となります。

  • 取引先とファクタリング業者の契約

    自社からファクタリングを行いたいという話を取引先が受けた後にファクタリング業者と契約を行ってもらいます。

    必要書類も多く、売掛金の証明も行う必要があるため自社よりも取引先の方が負担が掛かります。

    この間は自社の方は「待ち」状態となり、取引先の手続きが長引くとその分、入金は先延ばしとなります。

  • 入金

    取引先とファクタリングの契約が済めば、売掛金から手数料を引いた金額の入金が行われます。

  • 取引先がファクタリング業者へ売掛金を入金

    取引先が直接ファクタリング業者へ売掛金を入金します。

三者間取引によるファクタリングは減少傾向

国内ファクタリングの取引量推移
国内ファクタリングの推移
FCI(Factors Chain international)の公表した日本国内のファクタリング量の推移

こちらのデータは主に大手の三者間取引の統計の推移なのですが、2011年がピークでそこから減少傾向にあるのが分かります。

その代わり台頭したのが中小の取り扱う2社間取引です。例えば「株式会社ビートレーディング」では利用者の推移や取引量が掲載されており、2013年が350社の利用に対し2018年には13倍の4,610社も利用を行っています。

2社間ファクタリングの利用社数の推移
ビートレーディング公表の取引推移

3社間の利用者減少とは逆に2013年から利用者が増え続けこのビートレーディングだけでも13倍まで取引社数を伸ばしているため、業界全体では非常に利用する企業が増えているのが分かります。

ファクタリングの種類について

利用者が増え続けていますが、ファクタリングにも実は種類があります。

2社間、3社間と説明してきましたが、ファクタリングそのものにも種類があり用途や目的によって使い分けなければなりません。

ファクタリングの種類
  • 買取ファクタリング
  • 一括ファクタリング
  • 保証ファクタリング

買取ファクタリング

基本的に2社間取引で最も需要のあるファクタリングがこの買取ファクタリングです。

一般的にファクタリングというと「買取ファクタリング」を指すことが多くなっているほど知名度があるのがこの取引となります。

請求書の現金化

簡単にまとめてしまうと、この買取ファクタリングは請求書の買取であり、請求書の額面を業者側の利益となる手数料を引いた金額で取引が行われます。

その他のファクタリングについて

保証ファクタリング

保証ファクタリングは売掛金の回収をファクタリング業者が保証してくれるサービスを差します。

メリットとしては取引先が支払いが出来なくなった状況でも売掛金の支払いを受けることが出来るため保険目的として利用します。

一括ファクタリング

イメージとしては手形取引です。実質、手形の代わりとして登場したのがこの一括ファクタリングとなります。

こちらは、三者間取引が主でこれまで手形取引を行っていた企業に対しても負担が軽減出来るため自社も取引先の業者もメリットがあります。

おすすめのファクタリング業者一覧

当サイトで調査を行い、おすすめのファクタリング業者をピックアップしました。是非ご検討頂けますと幸いです。

資金調達ペイ
資金調達時間目安担保・保証人タイプ
最短1日不要請求書買取型
取引タイプネット完結最大買取金額
2社間・3社間(選択可)可能2億円

早く現金が必要である人は資金調達ペイがおすすめです。スピード重視で手続きも情報を入力すれば簡単に見積額が表示されます。

必要最低限の書類で審査を行ってもらえるため利用までの手順も非常にシンプルで換金可能かすぐにわかるのが嬉しいところです。

2社間取引も3社間取引も選べるため、取引先に知られることなく利用可能です。

やさしいファクタリングの始め方 – 即日で換金可能な業者を教えます
タイトルとURLをコピーしました