東京都中小企業知的財産シンポジウム 2017年12月5日(火)13:00~16:30 開場12:50 会場:イイノホール&カンファレンスセンター 【聴講無料】

登壇者紹介

基調講演「ニッチトップ企業になるための中小企業の知財戦略論」

鮫島 正洋氏
内田・鮫島法律事務所代表パートナー/弁護士・弁理士

東京工業大学金属工学科卒業。藤倉電線㈱(現 ㈱フジクラ)にてエンジニア(電線材料の開発)、92年弁理士登録後、日本アイ・ビー・エム㈱にて知的財産業務を経て99年弁護士登録。2004年内田・鮫島法律事務所を設立、現在に至る。
弁護士業の傍ら、知財戦略、知財マネジメント、知財政策など多方面に向けた発言を行い、その貢献に対して2012年知財功労賞受賞
著書;「新・特許戦略ハンドブック」(商事法務2006)〔編著〕、「技術法務のススメ」(日本加除出版2014)〔共著〕、「知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く」(日経BP2016)〔共著〕など。「下町ロケット」に登場する神谷弁護士のモデル

事業案内

織田 好和
東京都知的財産総合センター 所長

1975年 東京理科大学卒、同年 ㈱東芝 入社 知的財産部 配属
㈱東芝 総合研究所 知的財産担当部長、東芝テクノセンター㈱常務取締役 などを経て、現職

分科会①「中小企業の潜在技術の発掘と活用」

モデレーター

伊藤 夏香氏
アイエヌ知財特許事務所代表・東京都知的財産総合センター相談員

東京工業大学卒、同大学院修士課程修了。アイエヌ知財特許事務所代表。東京都知的財産総合センター相談員。東京商工会議所知的財産戦略委員会委員、日本弁理士会知的財産経営センター知財価値評価事業本部副センター長、同会関東支部副支部長、知財教育支援委員会委員長等を歴任。企業での研究開発・知財部門の経験があり、諸団体で相談員やセミナー講師を務める。特許から商標まで幅広くサポートし、出願だけでなく知財を守る仕組みづくりを応援

パネリスト

萩野 源次郎氏
大和合金株式会社 代表取締役社長

1968年(昭43)埼玉生まれ。1994年(平成 6)上智大学大学院理工学研究科修了、同年花王㈱入社。99年(平成11)大和合金㈱・三芳合金工業㈱入社、2010(平成22)博士(工学)取得(宇都宮大学)、2013(平成25)大和合金㈱代表取締役社長就任

高橋 一芳氏
株式会社ヒカリ 取締役会長

1951年 新潟市生まれ。72年、有限会社 光刃物研究所入社。85年(株)ヒカリ・プロダクツ・ジャパンを設立し、代表取締役社長に就任。光刃物研究所とヒカリ・プロダクツ・ジャパンを合併し、97年 新会社「株式会社ヒカリ」を設立。2016年 取締役会長に就任

分科会②「中小企業におけるIoTの活用」

モデレーター

松下 外氏
弁護士法人イノベンティア 弁護士・ニューヨーク州弁護士

2006年東京工業大学工学部情報工学科卒業(機械学習・人工知能を研究)、2009年東京大学法科大学院修了。2010年弁護士登録。2014年Allen&Gledhill LLP(シンガポール)の国際仲裁チーム勤務。2016年米国New York University修士課程(国際訴訟仲裁専門コース)修了。2016年Hughes Hubbard & Reed LLP(ニューヨーク)の勤務を経て、2017年1月弁護士法人イノベンティア東京事務所入所。2017年6月より理化学研究所革新知能統合研究センター(AIPセンター)客員研究員兼務

パネリスト

林 英夫氏
武州工業株式会社 代表取締役

武州工業株式会社 1978年(昭和53年)入社、1992年(平成4年)代表取締役 就任。一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会2015年度 ITクラウド連携推進事業公募審査・補助事業推進委員会委員、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会2016年度つなぐIT推進委員会委員、中小企業庁金融EDI 商流情報等検討会議委員、RRI ロボット革命イニシアティブ協議会IOTによるビジネス変革W.G.委員、日本商工会議所IOT活用専門委員会委員、 一般社団法人首都圏産業活性化協会副会長、立川税務署立川優良申告法人会監事 、青梅商工会議所監事、認定NPO環境文明21「経営者環境力クラブ」 会長

佐藤 東一氏
株式会社ニューマインド 代表取締役社長

1977年東京電機大情報通信工学科卒。
日産プリンス東京販売(株)、グラフィコ(株)、(株)マスターマインドなどを経て、2012年から現職