2017年12月5日(火)13:00~16:30 開場12:30 会場:イイノホール&カンファレンスセンター 【聴講無料】

開催趣旨

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け拡大するチャンスを着実に地域経済の活性化につなげるためには、その担い手である中小企業の活躍が不可欠です。第四次産業革命下において急速に進む技術及び市場変化にもスピード感を持って対応し、事業展開を加速させるとともに経営力強化を図ることにより、オリンピックイヤーの先を見据えた中長期にわたる産業基盤の確立が期待されます。
 本シンポジウムでは中小企業が新たな技術・製品・サービス開発、ビジネスモデル構築を通じて新たな価値創造に取り組む上で重要となる知財戦略について、事例を交えながら解説します。

開催概要

日 時 2017年12月5日(火)13:00~ 16:30 開場12:30
会 場 イイノホール
〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目1番1号 飯野ビルディング4階
○東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結
○東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分
○都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅 A7出口徒歩3分
主な対象者 ・都内中小企業経営者及び従業員、個人事業主
・都内関係機関職員(都、区市町村、商工団体、中小企業支援団体、地域金融機関等)
主 催 東京都・公益財団法人東京都中小企業振興公社(東京都知的財産総合センター)
後 援 特許庁、関東経済産業局、日本弁理士会、日本弁理士会関東支部、日本弁護士連合会、 東京商工会議所、(公社)日本技術士会、(一社)発明推進協会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、公立大学法人首都大学東京、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(順不同)

新着情報

2017.09.13 聴講申し込み受付を開始しました。
   
   
 

チラシPDFダウンロード(FAX申込シート含む)

東京都産業労働局 東京都中小企業振興公社